読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コミュニケーションサポーター 野島優美のブログ

PR業やアパレル店長業の経験を活かして、選ばれたい人・店舗・地域をコミュニケーション面から応援します

ジャズのレッスンが自分の状態チェックに役立っている

私は、ここ7年くらい、ジャズ・ボーカルを習っています。

今のところ、どこかで披露できるほど実力があるわけではなく

あくまで趣味なのですが、

月に2回、心地よい音楽に身を委ね、思い切り声を出したり、

自分の感情を解放するのは、とても楽しいものです。

 

レッスンを受けていて、

これまで出なかった声が出るようになったり、

最初は全然まわらなかった口が、

曲に慣れてくると軽く歌えるようになったり、

そういう成長も楽しいのですが、

私が実は一番面白いなと思っているのは、

「自分の状態チェック」ができることです。

 

私が習っている先生は、

とても感覚的な(感覚が優れている)人で、

「今日はなんだかすごく走ってるわね」とか、

「なんか、今日は声が硬いわね」とか、

言うのですが、そういう時は、

「ああ、最近、仕事でもプライベートでもすごいいろいろ焦ってたなあ」とか

「(今、あの人にちょっとムカついてるから)ちょっとツンケンしてるよな」とか

歌に表れている心理状態に、非常に心当たりがあるのです。

 

また、自身の歌を、録音してチェックするのですが、

客観的に聞くと、自分でも全然気づかなかったようなクセや

「ああ~声が直線的で平べったい・・」といったことなどが

ありありと感じられて、

自分の今の状態を知るのに、とても役に立っています。

 

今日のレッスンでは、

「声がキンキン聞こえる。マイクがおかしいのかしら」

と先生が言っていて、

録音した時に、自分でも自分の声が、なんか金属のように

重硬くなっているのを感じて、

ああ、今日私はまわりに対して、こんな風に接していたかもしれない・・・と

(これも、まわりの反応から感じることと一致)

振り返りました。

 

歌のレッスンでなくても、

普段から続けていることなら

こういう変化を感じやすいのではないかなと思います。

 

例えば、料理をする人なら、イライラしていると刺激物を多く入れがちとか、

書道をする人なら、何か心配事があるときは、字がどこか落ち着かないとか、

絵を描く人なら、気持ちが落ち込んでいる時は、

その日に塗ってた部分の色が暗いとか。

 

私は、歌のレッスンで自分の状態に気づき、

何かよくない状態であれば、まず歌を変えてみる、

(例えば歌い方をもう少しやわらかく、やさしくしてみるとか)

そうすると、なんだか状況の方も解消していく、

ということがあります。

 

自分の状況チェックを、趣味を通じて行うというのは

変化に気づきやすいのと、

心の持ちようを変える以上に、具体的な解決行動につなげやすいので

個人的におすすめです。